ウォーターサーバー「富士山の天然水」|マーキュロップ公式ブログ

ウォーターサーバー・宅配でお届けする「富士山の天然水」マーキュロップの公式ブログ

天然水で 「わらびもち」 と 「くずもち」

皆さん、こんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

先週末は、オフィスから2駅ほどの距離にある、丸の内の三菱一号館美術館へ
行ってきました。「KATAGAMI Style 世界が恋した日本のデザイン」展を
見てきたのですが、中庭にバラがたくさん咲いていました。
関東は、すっかり新緑も深まる季節ですね^^

***
さて今日は「わらびもち」と「くずもち」の、ちょっとした…スタッフ日記です。

マーキュロップ「富士山の天然水」で作るお客様向けの料理教室は現在、
「彩り和食でおもてなし」というタイトルで “飾りいなり寿司” のメニュー
開催しています。食後のデザートには「わらびもち」を作ります♪

≪ 料理教室 「彩り和食でおもてなし」 の今月の開催予定 ≫
◆6月 9日(土)11:30〜14:00 神奈川 相模原エリア(最寄りは橋本駅)
◆6月23日(土)11:30〜14:00 神奈川 横浜エリア (最寄りは上大岡駅)
◆6月28日(木)11:00〜13:30 埼玉 大宮エリア (最寄りは土呂駅)
→ いずれもまだ5/30AM現在、空席がありますがお早めにお申込みください♪

今回のメニューのレシピチェックの際に、私も実際に作ってみて、
わらびもちって、こんなにカンタンにできる和菓子だったの!?と、
びっくり嬉しく、家でも作ろうと思い「わらび粉」を買ってみました。

・・・のつもりが実は私、わらび粉とくず粉を間違えました・・・。

若干のショックを受けつつ「くず粉」の箱の裏面に書かれた「くずもち」の
作り方を見ると、料理教室で作った「わらびもち」と、ほとんど一緒!?

と、いうことで作ってみました♪
ミネラルウォーター「富士山の天然水」で、くずもち。

ミネラルウォーター富士山の天然水でくずもち1
計量した真っ白なくず粉と、砂糖(色の濃い、洗双糖を使いました)に
計量したミネラルウォーター「富士山の天然水」を混ぜます。

ミネラルウォーター富士山の天然水でくずもち2
くず粉と砂糖が混ざったら火にかけ、注意しながらゆっくり混ぜます。

ミネラルウォーター富士山の天然水でくずもち3
かたまり始めたら要注意!力がいりますが手早く練り、炊き上げます。
バットに広げて冷やし、切り分けて完成!黒豆きなこと黒蜜でいただきました。

ミネラルウォーター天然水でくずもち4

マーキュロップの料理教室、今回の「彩り和食でおもてなし」メニューは
◇お好みいなり寿司
◇豆腐とわかめのおみそ汁
◇切干大根とホタテの和え物
◇「わらびもち」 ※お間違いなく♪

ウォーターサーバーで「富士山の天然水」をご愛飲中のお客様は
お客様専用サイトサンキュロップから料理教室にお申込みいただけます≫

それでは皆さん、梅雨までの約1週間(?)すがすがしい初夏を楽しみましょう^^

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」ホームページはこちら≫
天然水でおいしい料理 |

深井戸の天然水です(水道水不使用)

皆さん、こんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

先週18日に、利根川水系の水道水から基準値以上のホルムアルデヒドが
検出されたとのニュースから3日が経過した21日現在。お客様も話題に
されていますので今日は水のお話を、中でも一番よく聞かれる天然水
(ナチュラルミネラルウォーター)と、“そうではない水”のお話をしましょう。

ウォーターサーバーの水は、どこのブランドも無色透明、同じ水のように
見えて実は、マーキュロップのような天然水と、そうではなく水道水などを
原水に使用して人工的な処理を行った加工水(ろ過水・RO水)とがあります。

天然水とそうでない水の見分け方は、商品ラベルの「品名」の表示です。
天然水には、いろいろな人工的処理・・・を行っていない貴重な天然水である
証として、品名欄に「ナチュラルミネラルウォーター」と表記されています。
ぜひお手元のミネラルウォーターの商品ラベルをご確認くださいませ。

マーキュロップ「富士山の天然水」は、もちろんナチュラルミネラルウォーターです。

富士山の天然水ナチュラルミネラルウォーター表示拡大

静岡県富士宮市の地下170mの深井戸から汲み上げてボトリング(充填)しています。
深井戸から汲み上げる100%天然水、成分の添加や調整等も行っておりません。

またボトリング(充填)工場でのボトルの洗浄等にも、水道水は使用しておらず、
洗浄ラインもすべて富士山麓の深井戸から汲み上げた天然水を使用
しています。

マーキュロップ「富士山の天然水」についてご不明な点などございましたら
ぜひホームページの、お問合わせフォームからお問合わせくださいませ。
マーキュロップ「富士山の天然水」お問合わせフォーム≫

弊社は商品のおいしさや安全性の向上はもちろん、正しい情報提供に努めて
いきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

営業調になってしまいました・・・次回の更新は明るい話題にします!

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」ホームページはこちら≫
お客様Q&A |

水道水にホルムアルデヒド検出のニュース

皆さんこんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

利根川・江戸川水系の浄水場の水道水からホルムアルデヒドが検出された
ことによる千葉県野田市・柏市などの現在断水中の地域 及び、松戸市・
我孫子市など断水の可能性があると報道されている地域のお客様から、
「富士山の天然水」の追加ご注文や、ウォーターサーバーの新規お申込み
などのお問合わせが増えております。

◇天然水の追加ご注文は、担当営業所または、マーキュロップお客様総合窓口
TEL:0120-140-096 までご連絡ください。

◇新規のウォーターサーバーの設置は、ホームページからもお申込みいただけます。
ウォーターサーバー「富士山の天然水」入会申込ページはこちら≫

※マーキュロップお客様総合窓口は、大変恐れ入りますが日曜のみ休業、
 本日土曜は、9:30〜18:00まで営業しております。


商品の安全性について改めてご説明いたします。

マーキュロップ「富士山の天然水」は、富士山麓、静岡県富士宮市の地下170m
の深井戸から汲み上げた天然水を、衛生的にボトリングしてお届けしております。

一部のウォーターサーバーに見受けられる、水道水などをろ過し、さらに
人工的にミネラル添加等をして製造されている加工水(RO水)とは異なります。

日頃よりご愛飲いただいているお客様も、新規でウォーターサーバーをご検討
されているお客様も、どうぞご安心してご利用くださいませ。


::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」ホームページはこちら≫
お客様Q&A |

富士芝桜まつり 5/27まで♪

皆さんこんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

今日は母の日ですね♪ 皆さん、贈り物はされましたか?
今日のブログは“富士山と芝桜”をお届けしましょう^^

マーキュロップ「富士山の天然水」は、富士山麓、静岡県富士宮市の
地下170mから採水して、お客様のご自宅までお届けしています。

…と言うと普通ですが実際には、お客様のご要望に応じて天然水ボトルを
“ご自宅内のお好きな場所まで”お運びします♪ 実は玄関から運ぶのが
重いなぁ…と思っていた方、担当スタッフへご遠慮なくお声かけください^^
ウォーターサーバーの近くや、収納場所などご指定の場所まで運びます。

***

話が芝桜からずれました・・・
ボトリング工場のある富士宮市から、車でおおよそ45分程(渋滞状況によります)
北上すると、本栖湖(もとすこ)という湖があり、その近くに本栖湖リゾート
という場所があります。ここが首都圏最大級80万株のシバザクラが植えられ
ているという「富士芝桜まつり」の会場です!

今年は開花が遅れているそうで園内にある竜神池付近は“見頃”、
ですが園内全体をみると“4割程度の開花”とのこと(5月13日現在)。

確かに園内全体は4割くらいに見えますね。
でも晴れていて、富士山がよく見えてよかった♪
富士芝桜まつり 富士山の天然水マーキュロップ

そして竜神池付近は、ちょうど見頃!
富士芝桜まつり2 マーキュロップ富士山の天然水

今年は開花が遅れているため開催期間を延長して5月27日まで
あと2週間ほど行われているそうです。安全運転でお出かけください^^

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」ホームページはこちら≫

スタッフ日記 |
SEARCH

▲PAGE TOP